明るく、小さく、コスト節約,LED照明用放熱モジュ-ル,LED Active Cooling Solution 微塵防止磁浮遊モ-タ-ファン DR MagLev Motor Fan 世界最小、最薄 マイティ-ミニファン及びブロワ-ファン Mighty Mini Fan & Blower
Home > SUNONについて > 発明イノベーションセンター
発明イノベーションセンター

 
‧テクノロジーの実力の強度
  外観が精巧で美しい、性能が素晴らしい、機能が豊富といった電子製品全てにおいて共通する特性は、システムの廃熱の完全な排除が必要である、ということです。それができない場合、操作機能に影響を及ぼし、更にはフリーズし、製品の寿命にも影響を及ぼします。
  この目標を達成するために、SUNONではモーター及び放熱技術の研究開発に力を投入しております。ほぼ100%特許技術を自社開発しており、2017年12月31日までの時点で、すでに世界において2,568件の特許を取得しており、申請中のものもまだ308件あります。各種特許は将来の産業トレンド構造、技術革新開発、製品設計応用といった目標をベースに開発されており、各種特許技術は全て商品化に導入され、エンドクライアントへサービスすることが最終目標となっております。そして、企業と産業のために更に多くの商業価値及び営業利益がもたらされることが期待されます。
 アメリカ・マサチューセッツ工科大学「テクノロジー評論」2004年において、SUNONのテクノロジーの実力は(コンピューター領域において)世界第48位にランクインし、台湾で第4位となり、世界で唯一の放熱ファンメーカーとしてランクインしました。また、雑誌・「商業週刊」において、台湾特許トップ100にランクインされ、2005年のパーツ及びモジュール部門では第4位、2007年の動力/運輸設備部門では第1位、その他機械部門では第11位、パワーシステム部門では第18位、2009年と2010年連続二年、日本富士経済調査研究レポートによるとサンオンAC/DCファンのシェアは世界第1位となりました。
 
‧革新理念及び成果
 SUNONの洪銀樹董事長は、一般的によく言われる研究開発(Research & Development)は、通常現有の技術、製品に研究改善を加えたものを指しており、唯一、「ゼロから1、無から有」でなければ、本当の発明イノベーション(Invention & Innovation)とはいえないと考えております。このため、SUNONの研究開発チームは特に先行技術の開発、組織における革新的小グループを重視しており、更に先行技術開発の先駆部門が、SUNONの発明イノベーション及び無から有を生み出す精神及び実践を代表しており、新世代製品技術の発明に目を向けております。
 永遠に絶え間ない発明革新の精神により、SUNONは産業トレンドの先端に位置し、MagLevモーター技術、渦流水冷技術、マイティーミニモーター技術、微塵隔離MagLev設計、内回転子モーター設計といった世界独自の革新的技術を発展させております。各種領域の製品に幅広く応用でき、最高レベルの革新的技術サービスをご提供することで、各産業のお客様のご要望を満たしております。
 「軽、薄、短、小」という世界のレンドンにお応えするために、SUNONでは更に先進の小型化、マイクロ化能力を運用し、設計の障害を突破して、次世代のハンドホルド式情報通信製品に設置できる超小型モーターの開発に成功しており、更にナノ技術の研究開発領域に前進しております。
 
 
‧最先端の研究開発設備
 当社イノベーションセンターではサウンド&振動実験室、材料実験室、ダミーヘッド、振動モデル分析装置、赤外線サーモグラフィー、高精度画像処理装置など最先端の精密機械を完備しております。このほか、 CAE(コンピュータ・エイデッド・エンジニアリング)解析ソフトウエアを使って、熱流・サウンド・モーターの磁気回路・振動モデル・構造強度・脱落・流動などをデータ的にシュミレーションして分析。プロフェッショナル集団である研究開発チームがこれらの最先端設備と分析ソフトを使ってファン設計・モーター&電気回路の設計・材料&軸受システムの研究・サウンドクオリティ&振動の分析改善・冷却モジュールの開発・熱発散材料の研究などに日夜取り組み、製品の適正化を図るだけでなく、開発期間を短縮させることにより、業界リーディングカンパニーとして活躍しております。
 
‧研究開発チーム
 SUNONは2002年、台湾・高雄に発明イノベーションセンターを設立し、SUNON的の革新的青写真の計画、推進、執行を担い、ヨーロッパ、アメリカ、日本、中国の研究開発実験室及び技術人材、世界中に存在する400名以上の発明イノベーションチーム、プロフェッショナル且つ迅速な反応の技術サービスネットワークを統合しております。
   
 SUNONの「研究開発三ブロック論」こそが、グループの発明イノベーションの道を構築しております。モーター技術を約30年近く深く研究し、「モーターの発明」、「モーターの応用」及び「全体放熱ソリューション」の三大技術領域に焦点を置き、モーター応用の最良のパフォーマンス及び無限の可能性を開拓しております。技術上の突破及び製品の革新を絶え間なく継続することで、SUNONはテクノロジーの先端に立ち、モーター、放熱ファン、冷却モジュールの三大領域の鍵を握るモジュールを提供することで、お客様と共に次世代の夢の製品を実現いたします。
 
  SUNONはモーター設計において、完全な磁気回路、機械、ドライブ電子回路といった設計能力を有しており、お客様の設計に基づき、規格に合致するモーター、機構、電子回路などを設計する専門エンジニアチームを有しておりあす。フレキシブルな設計で、高品質、高効率の放熱ファンを設計し、長年にわたる放熱モジュールの開発経験を累積しております。SUNONは、お客様のモジュール放熱へのニーズを深く理解し、先進のシュミレーションシステムと分析工程を運用して、システムの熱分析及び放熱設計を更に的確にして、最高効率の全体放熱ソリューションを創造いたします。
  「軽、薄、短、小」という世界とレンドンにお応えするために、SUNONでは更に先端の小型化、マイクロ化能力を運用し、設計の障害を突破して、次世代のハンドホルド式情報通信製品に設置できる超小型モーターの開発に成功しており、更にナノ技術の研究開発領域に前進しております。
 
 
‧信頼性検証システム
  SUNONは世界に5つの信頼性実験室を設置しており、業界最先端の精密度を誇る検証設備を設けて、設計、試験生産から量産まで、プロフェッショナルで厳密な一連の測定検証を行います。完璧なコンピューター制御システムを通じて、精確に製品の信頼性を評価します。また、各産業製品開発のニーズに対応するため、設備の更新及びグレードアップを絶え間なく行い、シミュレーション、テスト、実験段階全てにおいて、完璧なツール支援と応用を備えております。
 
◎音響性能実験質 :
  Sound Pressure Test
サウンドプレッシャーテスト
Head Artemis
Artemis 分析ソフトウエア

 2000年、サウンドクオリティシステムを導入。製品のサウンドクオリティを従来のサウンドプレッシャー&サウンドパワー面から音響学(生理心理)サウンド面へと進化させました。このほか、ドイツ・Head Acoustics社のダミーヘッドHMSシステムを使って、人間の両耳が感じる聴覚をシュミレーションして、サウンド・振動・転送信号&電気信号などのデータを測定。さらに、そのデータを基にArtemisソフトを使って周波数スペクトルや音響学上のパラメータを取り、多元的なサウンド分析を行うことによって、エンジニアたちにより多くの音響学に関する専門知識を与えつつ経験を積ませることで、製品をより快適に、より人に優しく使えるようにとたゆまぬ努力を重ねております。
 
◎ 精密測定・材料分析研究:
 製品の精密化及び多様化に対応するため、当社では2007年に材料実験室を開設。ファン製品の軸受システムの寿命延長及び材料の精度向上に努めてまいりました。設計上でのさまざまな重要な原因を究明することで、ファンシステムの雑音・振動・温度上昇といった問題を解決。モーターシステムの安定化を従来以上に図り、ファンの性能を引き上げた一方で、製品の初期段階・受託生産引受段階・製品の異常分析といった各面においてより正確なデータを提供することで、質の高い製品を次々と世に送り出しております。
 
◎ 風量/風圧測定システム:
 ファン1個からシステム全体の風量/風圧の測定といったお客様からのニーズにお応えするため、完璧な風量/風圧試験設備を完備。大きいものでは1200CFM 及び20inch-H2O規格の測定まで測定可能です。多風量/高風圧とった要求事項をクリアーしたほか、システム全体を稼働させたときの内部の風量/風圧まで測定できます。超小型製品の開発(1cm以下の超小型ファン)に対応するため、当社自慢の信頼性実験室では最小風量0.0046CFMの精密風量測定設備も充実させており、今後ますます増加することが予想されるミクロ化製品及び携帯製品の認証に対する需要にお応えしてまいります。
 
◎ 温度試験設備: 
 自動車電子産業における認証要求に対応すべく、当社では温度試験(Temperature Test)設備の規格を従来の-50~100°Cから-60~150°Cへと広げました。ご要望に応じて、高低温循環/耐熱耐湿/温度変化などの試験も承っております。
 
◎ 寿命試験自動探査システム: 
 当社では寿命試験システムについて、主に常温試験と高温加速寿命試験の2種類を実施しております。24時間コンピュータシステムで自動監視。2800台ものファン製品の性能を探査し製品寿命を正確に計算することが可能です。