明るく、小さく、コスト節約,LED照明用放熱モジュ-ル,LED Active Cooling Solution 微塵防止磁浮遊モ-タ-ファン DR MagLev Motor Fan 世界最小、最薄 マイティ-ミニファン及びブロワ-ファン Mighty Mini Fan & Blower
Home > ニュースセンター > News > 2014上海「モバイル、アジア、エキシポ」出展
News
 
2014/05/27 - 2014上海「モバイル、アジア、エキシポ」出展

 
展示期間:2014/6/11(水)~6/13(金)
会  場:中国‧上海 / 上海新国際博覧中心
SUNONブース番号:N1. D45
 

SUNON「呼吸システム」
2014上海「モバイル、アジア、エキシポ」出展
 
4G「ヒートジェネレーション」 モバイル端末の熱問題が新たな挑戦に
イギリスの調査会社OpenSignalによると、4G LTEの通信速度は3Gの10倍であり、スピードが飛躍的に向上した今頃、スマホなどモバイル端末はゆくゆくPCの代わりとなっていくのでしょう。しかし、従来の卓上PCを100g前後のコンパクト装置に詰めこむのに、バッテリの消耗が激しいどころか、端末自身もかなり熱くなる。普段モバイル端末で映画やゲームを楽しんだ直後、表面温度は40~50℃までのすごい発熱が予想される。国際安全基準UL/IEC 62368-1によると、ポータブル装置の表面温度が48℃を超えると、ユーザーがやけどする危険性があることから、4G時代の到来に当たって、端末を長時間使用しても安全に憂慮がないよう、モバイル端末の放熱装置を性能を上げることが製品設計のキーとなってくる。
 
スマホ、タブレットが「呼吸」する?
放熱ソリューションで世界をリードするSUNONは、2014年6月11日から13日まで上海で開催される「アジアモバイル展示会」で、「携帯、タブレット呼吸システム」、「高効率、省エネ、IP58高保護等級クラウド放熱ソリューション」の二枚看板を展示し、最適化された総合ソリューション案を顧客に提供する。
 
無音「携帯、タブレット呼吸システム」、自動内部温度調節で10℃以上降下
SUNONが開発した「呼吸システム」は、携帯端末やタブレットPCを呼吸させる装置。自動ファンに特許取得の熱対流設計を組み合わせ、自動コントロールにより、人体が呼吸するのと同様に、携帯やタブレットの体温を自動調整して温度を下げ、過熱による性能低下、やけど発生の危険を回避する。また展示会の現場では「呼吸」する携帯保護ケースも展示し、静かで音のない温度降下設計を体験していただく。
 
「電圧範囲が広く、省エネ、IP68クラス」のクラウド放熱ソリューション
クラウド産業設備のさまざまな使用環境に対応するかたちで、SUNONは入力電圧範囲が広く、省エネで、保護等級の高いファンシリーズを開発し、高効率放熱、省エネ20%、気候の変化に強い防水レベルIP68などを実現するとともに、お客様のご要望しだいでは、劣悪な環境下でも設備の正常動作を確保できる塩霧試験GR487等級認証取得ファン機構も提供できる。また、広い入力電圧範囲に適応できるファンも開発している。これは屋外通信設備の特殊規格に不可欠とされており、36V-72Vの電圧変動レンジで同じ回転速度と放熱効果を維持できるファンも、今度の展示会で出展する。

 

 
<< 前ページへ タブページへ 次ページへ >>