明るく、小さく、コスト節約,LED照明用放熱モジュ-ル,LED Active Cooling Solution 微塵防止磁浮遊モ-タ-ファン DR MagLev Motor Fan 世界最小、最薄 マイティ-ミニファン及びブロワ-ファン Mighty Mini Fan & Blower
Home > ニュースセンター > News > SUNONのLED室内照明電球放熱モジュールの三大イノベーション
News
 
2009/09/30 - SUNONのLED室内照明電球放熱モジュールの三大イノベーション

SUNONのLED室内照明電球放熱モジュールの三大イノベーション
LED発光効率と製造技術の向上に伴い、更に世界的な省エネ、CO2削減、環境意識の台頭が加わり、LEDアプリケーションは徐々に室内照明市場に足を踏み入れ、将来が注目されており、従来の光源に取って代わる新世代光源と見なされています。LEDは室内照明器具として、省エネ、エコロジー、長寿命、耐振動、低消費電力、小体積、減衰しにくいとされており、低温環境に適合し、高い発光効率などの様々なメリットがあります。しかし、放熱問題が高性能LEDの普及のボトルネックとなっていました。世界的な放熱ソリューションのリーディング-カンパニ-であるSUNONは、LED室内照明冷却モジュールを研究開発し、ファンとモジュールのフレキシブルな設計を結合し、LED室内照明冷却モジュールの発展において、大きな一歩に踏み出したことを発表しました!
イノベーション(一) 特許遮断リング設計で、熱気の逆流を防止
世界的な放熱ソリューションのリーディング-カンパニ-として、SUNONはLED光源を室内照明で使用する場合に放熱の問題が重要と感じており、LED放熱研究開発チームを組織しました。30年近くもの豊富な放熱処理経験を利用し、LED室内照明の放熱設計開発に専念しました。Sunon LED室内照明電球放熱モジュールのイノベーション設計は、モジュールのファン風入口箇所に整流と空気流速機能を高める特許遮断リングを設置し、迅速な導流により、熱風を出し、熱空気の回流による電球温度の上昇を防止します。低下温度は一般の遮断なし設計と比較して10℃低減できます。騒音低減値においては、17dBA低減できます。
イノベーション(二) ファン逆回転特許設計で、粉塵蓄積を防止し、電球の寿命を延長
LED室内電球を天井の位置に設置すると、粉塵が蓄積しやすく、電球照明の効率及び市場寿命に影響を及ぼします。この問題を解決するため、SUNONはファン設計において、独自の逆回転特許設計を開発しました。これは特許回路設計を導入し、ファン制御で運転時、前進回転方式で電球上の粉塵を吹き飛ばし、運転時に空気の出入口から粉塵が電球内の放熱モジュールに侵入し、効率を低下させることを防ぎます。前進回転数秒後、自動的に逆転し、放熱効果を発揮します
 
<< 前ページへ タブページへ 次ページへ >>