会社情報

SUNONの研究開発した多元液冷放熱システム

2023.12.22

カスタム化冷却技術が新時代のデータセンターとAI産業の脱炭素変革もたらす

世界経済は疫病COVID-19の蔓延により変化し、ビジネスモデルも新しくなっています。リモートやオンラインの活動モードが多くなり、電子商取引やフィンテックアプリケーションも日に日に完備されて充実し、それに伴いクラウドデータ、より高い演算能力を備えたCPUやGPUの需要も大幅に増え、より大規模なデータセンターを構築せざるを得なくなっています。しかし、データセンターの消費エネルギーは膨大であり、数千台とあるサーバーを稼働させるためには大量の熱が発生するため、止め処ない急速な放熱が必要となります。一つの大規模なデータセンターに必要な消費電力は、80,000世帯の家庭内消費電力に相当するため、各地の政府が2050年のネットゼロの実現を目標とする中、データセンターは消費エネルギー量の低減と電源の使用効率向上のバランスを取る必要があり、全ITの基礎構成となっているシステムインテグレーターが早急に解決しなければならない課題となっています。

高効率且つ急速な冷却システムはデータセンターの高い演算能力、信頼性のある安定した動作と長期寿命を保つために欠かせない重要な要素となっています。従来の空調設備によって温度を下げる冷却システムはデータセンターの消費エネルギーの約40%を占めており、サーバーの設置がより密集していると、冷却システムに必要な敷地面積もより大きくなり、サーバールームの空間利用も悪くなってしまいます。サーバーICの演算パフォーマンスの向上に伴い、急速に上昇する熱設計電力(TDP)に直面した場合、データセンターにはより強力な冷却システムの設置が必要となり、液冷技術が脱炭素に欠かせないキーポイントとなります。液冷技術は、より高い冷却効率を持ち、液体を最も効率の高い熱伝導剤として使用し、直接CPU、GPGPUやGPUなどの主な熱源に通らせ、正確に、そして効率的、急速に大量の熱を外に逃がし、ラックマウント全体のサーバーの温度を下げ、サーバーの効率比を向上させることで、データセンターの消費エネルギーと炭素排出量を低減します。




SUNONの研究開発した多元液冷放熱システムとコンポーネントは、直接冷却する液冷放熱ソリューション、リアドア冷却(RDHx)及びRPUなどのモジュールが含まれています。その中、オープンループ直接液冷モジュール(Open Loop Direct Liquid Cooling Module)は既に多種類のラックサーバー(Rack Server)への導入の成功例があり、システムの構成に基づき、液冷システムの熱接触面、パイプの曲率、冷却液などの構成をカスタム化・最適化し、以下のようにサーバーシステムの冷却ニーズに沿って設計をしています。
❶熱抵抗値0.04℃/W以下
❷流量1-1.25LPM
❸冷却設計消費電力(TDP) 700W

このオープンループ直接液冷モジュール(Open Loop Direct Liquid Cooling Module)は、既にデュアルコアのIntel Eagle Stream(EGS)プラットフォーム(型番LGA4677)で使用されており、有効にサーバーシステムの冷却効率を向上させています。

SUNONはデータセンター向けにAI x HPC液冷システム設計技術サービスを提供しており、お客様のデータセンターの冷却スペース及びサーバーの密集度に基づき体積が小さく、システムの統合性が高く、液冷システムの高い放熱パフォーマンスを確保できる、信頼性の高い最適な液冷放熱システムをお作りします。SUNON液冷放熱ソリューションは長いスパンで考えるとお客様の総保有コスト(TCO)を低減することができ、世界の「ネットゼロ」の規制に準拠していることを前提に、企業により持続可能な経営をもたらし、ネットゼロの取り組みを加速させ、迅速に高い演算能力を有した高密度なデータセンターを構築することができ、グリーンとデジタルの変革において勝利を収めることができます。
 

受け入れます このWebサイトでは、Cookieを使用して、インターネットトラフィックに関するエクスペリエンスと統計を改善しています。 このサイトを引き続き使用することにより、Cookieの使用に同意したことになります。 私たちのものプライバシーおよびCookieポリシーCookieの使用と非アクティブ化に関する詳細情報を提供します。